So-net無料ブログ作成

【足腰の強い組織、コミュニケーションとは?】 [雑感]

今週の土曜日コチラに参加します。

たくさんの人の信頼と共感を集める!
認定NPO法人取得サポートセミナー第一回
「足腰の強い組織をつくるコミュニケーション」

私は日々、いろんな人とコミュニケーションを取ります。
夫であったり、娘であったり、仕事仲間であったり、友人であったり。
それらには決して正解はなく、毎日悩んだりもがいたりしています。
そしてそれは人生の終焉まで続くのでしょう。

よく会話はキャッチボールだと言いますよね。
私はおせっかいだし、いい感じにおばちゃんにもなったので(笑)、
いろんな人にボールを投げられるようになりました。

そして、どうせならつかみやすいボールを投げよう、
でもストレートばっかりだと飽きちゃうからたまには変化球も。
そうやって会話のキャッチボールを楽しめるように努力してきたつもりでした。

でも最近、
いつでもどんな球でも受けられるように、常にミットを構えておくことが
同じくらい大事かもと考え始めています。

はじめに良い球を投げられた、ことだけで満足はしていないだろうか。
相手の球をしっかり受け取って、また投げ返す、そしてまた返ってくる。
コミュニケーションはこの繰り返しだし、
キャッチボールを続けるためには、
自分がキャッチャーとして立ったり座ったりするのが有効ではないかと。

また、いつでもここに投げていいんだよーと常に知らせることも重要。
まずはじめの一球を相手に投げやすくさせるための工夫や仕掛け。

やはり、コミュニケーションにも体力が必要なんですよね。
それも強引に投げ飛ばす腕力ではなくて
何度でも立ったり座ったり走ったり跳んだりできるような強い足腰が。

きっと、その足腰の強さは外からは見えづらいし
そこまで鍛えるのも容易ではないと思う。
でも私たちが幸せに楽しく暮らしたいと願うならば絶対に避けては通れないし、
本当の体力と違って年齢とともに衰えるどころか
経験を活かせるトレーニングではないでしょうか。

組織として、その強靭な足腰を手に入れようとしていたら
それは周囲の人にとって信頼できる証しだし、応援したくなるはず。
その組織のコミュニケーションが、足腰が強いのか、張りぼてなのか。
一番近くにいるサポーターなら絶対に見抜いてしまうと思います。

寄付に限らず、たくさんの人からいろんな支援をサポートを受けるために
まず組織がすべきことは体裁を整えるのではなく
スタッフ同士が健全なコミュニケーションをはかり、組織としての足腰を鍛えること。

そんな想いをもって、土曜日のセミナーに参加します。
第3回までありますが、単発の申し込みも可能です。
まだ少し参加枠があるはず。よかったら一緒にいかがですか。

たくさんの人の信頼と共感を集める!
認定NPO法人取得サポートセミナー第一回
「足腰の強い組織をつくるコミュニケーション」



【感動の出会い】 [おいしいもの]

昨日は少し早めの我が誕生日祝いで、
夫が予約してくれたお鮨屋さんへ行きました。

以前からネットでみつけ気になっていたお店に初訪だったのですが、
つ、ついに、みつけてしまった。
人生で最高のお鮨屋さん。

夫曰く、予約の電話からとても感じがよいとのことだったので、
(彼はそういう応対に非常に厳しい)
とても楽しみにしていたのですが、
私たちの想像をはるかに超える美味しさ、居心地の良さでした。

カウンター越しのホスピタリティや会話、従業員の方の声掛けなど、
すべてが素晴らしかった。

大将ご自身が日本酒を好んで飲まれるということで、
ツマミのレベルがハンパなく高いです。
(カウンターで一品一品写真を撮るのはさすがに不粋と思いやめました。
お店のサイトに芸術品のような握りが載っていますのでぜひ。)

新潟市大町にあったお鮨屋さんが、
我々夫婦の中では伝説的に素晴らしく、
ただ最近ネットで閉店されたと知り、
あーあの味は二度と味わえないのか・・・と残念がっていたところ。

でも、昨日また、私たちをワクワクさせてくれるお店に出会えた。
ただただ感謝です。

また行けるように頑張って働いて稼ごう。

追記:
さいわい他の方がいい感じのブログをあげてたので参考までに。
(ツマミの内容は私たちの時とはほとんど異なります)


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。