So-net無料ブログ作成

『アウト・オブ・キリング』鑑賞ふりかえり [映画]

あの気づいてしまった時の表情。
“尊厳が失われたあとは、恐怖しかなかった”
“私は・・・罪をおかしたというのか?”

自分が被害者を演じること、だけでなく、
その演じた映像をみたことで、
より、自分が過去にしてきたことを俯瞰できたのではないか。

尊厳が失われる感覚、恐怖しかない感覚を
実際に体感することで彼の人生は豊かになったともいえるのでは?
影を知ったからこその光。苦悩を知ったからこその喜び。

ただそれを知ったからといって、
彼の過去の行いが変わるわけではなく。
被害者の家族たちが救われるわけでもない。
でも、この映画で歴史の一部分を知らなかった人に伝えることはできる(私のように)。

きっと歴史上の大きな罪って
何代も何代もかけて検証され消化されていくのかもしれない。
そのほうが二度と起こってはいけない、起こしてはいけないという重みも増すのか。

殺害する側にも大義名分はあったのだろう。
でなければ手を下す自分を正当化できない。
人によって正義は違う。
正義ってなんだ?
権力者にとって、自分に都合の良い考え方ってだけじゃないのか。
そして、それに流されてるだけ?

だとしても、自分の中の正義が変わることを恐れてはいけないのだと思う。

映画中、何度も「ジョシュア」(監督の名前)と呼び掛けるシーンがあった。
彼のあのトーンを聞く限り、
監督は撮影中、彼にたいして真摯に対峙していたのだろう。
その姿勢があったからこそ、あれだけのものすごい映画になりえたに違いない。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。